読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重力の再発見 −アインシュタインの相対論を超えて−

重力の再発見―アインシュタインの相対論を超えて作者: ジョン・W・モファット,John W. Moffat,水谷淳出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2009/11/20メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 52回この商品を含むブログ (11件) を見る銀河を公転する恒星は、銀河円…

女が男を厳しく選ぶ理由(わけ)

女が男を厳しく選ぶ理由(わけ)作者: アラン・S・ミラー/サトシ・カナザワ,伊藤和子出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ発売日: 2007/07/28メディア: ハードカバー購入: 3人 クリック: 42回この商品を含むブログ (8件) を見る本書は、タイトルから連想…

2050年の人口予測は当てにならないかも

メディア・パブ: 2050年の人口予測,大変な時代に突入へ 今回の発表資料“2008 World Population Data Sheet”のようにまとめて眺めてみると,改めて大変な時代を迎えようとしているのを認識してしまう。 上記リンクでは2050年になっても中国やインドでは人口…

暴走する資本主義

暴走する資本主義作者: ロバートライシュ,雨宮寛,今井章子出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2008/06/13メディア: 単行本購入: 11人 クリック: 170回この商品を含むブログ (95件) を見る本書は、我々生活者が持つ社会的二面性を鋭く指摘している。 二…

スイーツ(笑)を口説く超ひも理論研究者

ひも 「僕たちの住む時空は4次元だと思われているけど、本当は10次元かも知れないんだ」 ス 「?」 ひも 「例えば、2次元の世界に住む平面人がいるとしよう。彼らは自分が前後と左右に動けることによって世界が2次元だと認識する」 ス 「うん」 ひも 「もし平面…

量子力学の解釈問題 −実験が示唆する「多世界」の実在−

量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス)作者: コリン・ブルース,和田純夫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/05/21メディア: 新書購入: 6人 クリック: 146回この商品を含むブログ (25件) を見る完成された体系と言われて久し…

禁断の市場 −フラクタルでみるリスクとリターン−

禁断の市場 フラクタルでみるリスクとリターン作者: ベノワ・B・マンデルブロ,リチャード・L・ハドソン,高安秀樹,雨宮絵理,高安美佐子,冨永義治,山崎和子出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2008/06/06メディア: 単行本購入: 9人 クリック: 91回この商…

日本人はどこまで減るか −人口減少社会のパラダイム・シフト−

日本人はどこまで減るか―人口減少社会のパラダイム・シフト (幻冬舎新書)作者: 古田隆彦出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2008/05メディア: 新書購入: 1人 クリック: 50回この商品を含むブログ (9件) を見る眼から鱗の人口問題。学術的分析が豊富で、広範なデ…

次のグローバル・バブルが始まった! −国際マネーはこう動く−

次のグローバル・バブルが始まった!作者: 山崎養世出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2008/07/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 12回この商品を含むブログ (6件) を見る著者の山崎養世氏は、やはりただものではないと思う。若くしてゴールドマン・…

時空の量子は仮説

クレヨンしんちゃんに出てくる「カンタムロボ」ってガンダムのパロディかと思いきや、実は「量子(Quantum) ロボ」のこと。なにやら凄そうな超絶テクノロジーが使われているんですよ、きっと!ってしょうもないネタはともかく、今更これに 時空の原子を追うループ…

米中経済同盟を知らない日本人

k_oniisanは年間150冊くらい本を読む。これが多いか少ないかはともかくとして、スゴ本と言える程のものには毎年3,4冊しか遭遇しない。毎週スゴ本を何冊も紹介しているようなブログもあるものの、世の中に凄い本がそれほどあふれているはずはなく、殆どはアフ…

神は妄想である

神は妄想である―宗教との決別作者: リチャード・ドーキンス,垂水雄二出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2007/05/25メディア: 単行本購入: 14人 クリック: 257回この商品を含むブログ (175件) を見るリチャード・ドーキンスはその著書『利己的な遺伝子』が日本…

ユング入門としての河合隼雄

学生時代、ユングにハマっていたk_oniisanは当然、河合隼雄の著書を受け売りしてユング通ぶっていたものです。昨今ありがちな心理学かぶれのイタい輩を見ていると、当時の自分を思い出して苦笑します。というより、あまり進歩していない今の自分を鏡に映した…

ステルス・デザインの方法

『物理数学の直観的方法』という解説書があって、物理数学の直観的方法作者: 長沼伸一郎出版社/メーカー: 通商産業研究社発売日: 2000/08メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 156回この商品を含むブログ (37件) を見るこの著書は、物理学を習得する上で欠か…

カンブリア爆発の謎

今世紀に入ったあたりから一般向けの科学書の質が向上しているような気がしていた。 どんな専門分野においても、その領域独特のテクニカル・タームとレトリックが存在し、なじみの薄い一般人は勿論、プロでも専門外であればそれを理解し難い。かつてはそうし…