読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャトー カントナック・ブラウン 1997

f:id:k_oniisan:20150124193823j:plain
'97年ボルドーのヴィンテージ評価は「中の下」くらいと、なんとかオフ・ヴィンテージの烙印を押されずに済んでいる程度。全般的に薄くて軽いワインになっていて、シャトーによる出来不出来の差が大きい。そうした評価のおかげでお手頃価格となっているものの、購入はギャンブルの要素が大きくなり、やはり避けるのが無難。ネット・ショップでは不人気年を売りさばくためのアオリ文句が過剰で、レストランではソムリエが素人客にオススメと称して、この年のボルドーを押し付ける傾向にある。そんなところが97ボルドーについての個人的な見解だったのだが・・・
ところがここにきて、この年のボルドーが熟成してみると、日本人の味覚にあった繊細でエレガントな味わいに仕上がってきて実にいい感じなのだ。意外とイケると市場が気づき始めてから、この年もまた値上がり傾向にあるようだ。
そんなわけでまだ手頃なうちにと、最近は97ボルドー主体に飲んでます。
このカントナック・ブラウンはロバート・パーカーの評価も低く、97に至っては本にも載ってないくらいですが、やはりというか意外と良い。よく言われるマルゴー産特有の女性的なエレガントさを体験できます。ほのかに甘いベリー系の果実味が程よい酸味と調和していて、とても上手くまとまっています。肩肘張らなくてすむくらいのフランス料理店で、ワインだけはちょっとリッチになんて感じでこの銘柄を注文するのが洒落てるかもしれません。
97ボルドーで最もオススメ・アイテムと言えばピション・ラランドにつきると思いますが、もはや品薄らしくショップでも1万以上するので、既に価格状況は厳しくなっています。
初心者にもわかり易い美味がとりえの97ボルドーは、ひろくオススメで間違いないでしょう。今のうちにどうぞ。