読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機能ブロガーと無機能ブロガー

 読者に実用価値を提供することによって対価を得るブロガーが少なからず存在して、彼らを機能ブロガーと呼ぶことにしよう。単純なhow-toや精神論的なライフハックではなく、あくまでも、読者の職能や年収の向上、或いは問題解決に直接効果を持つ手法を提供する人たちだ。異論はあるだろうが、(以前の)勝間和代やちきりん、最近ではトイアンナといった人たちが該当すると思う。
 
 彼らの特徴は、地頭が良く、外資系コンサル等でハードなキャリアを積み、相応の職業的実力を有した上で、それに基く実用メソッドを販売していることだ。(その主義主張に是非はあるとしても)
 
 ところがこの種のブロガーの中には、実用メソッドの提供であるかのように見せかけて、実は読者に単なる消費を促すだけの、機能しない情報商材を販売しているだけの人たちが存在する。特に名は上げないが、中にはどういうわけか奇妙な影響力を持っている人もいて、彼らをロールモデルにする学生なども存在するようだ。
 
 彼らを無機能ブロガーと呼ぶことにしよう。
・無機能ブロガーは、キャリアを持っていないか持っていても薄い。
・なので、効果的な実用メソッドを提供する能力を持たない。
・その代用としてちょっと変った生活様式を選択し、それをPRの媒体として情報商材を販売する。
・商材の内容は、体験談や悩み事相談や人生観や、こうすれば上手く行くだろう的な希望的観測や、それらに類する読み物的なものが多い。
・だから情報商材というよりエッセイみたいなもので、どちらかと言えば彼らはエッセイストなのだろうと思っている。
 
 別にそうしたビジネスを否定はしないが、自己をそう規定しているのでもなければ、読者がそれを望んでいるわけでもないだろう。
 
 無論、彼らが全くの無能であり、PR技術だけで商売を行っているわけではないのも事実だ。経歴をみると、誰もかなり風変わりなことを学生時代から行っていて、それなりの成果を上げているようで、ビジネスとして全く無意味無価値というわけではない。だから、似たような性向を持つ学生なんかが彼らに憧憬を抱くことがあるわけだ。
 
 がしかし、学生が安直に彼らを模倣するのは、彼らを更に劣化させた情報商材販売業者への道であることを自覚した方がいいだろう。そうする前に、実のある職能を身につけた方が遥かに有益であることは、優秀な機能ブロガーが示している通りだ。
 
 一応断っておくと、実用メソッドを提供する者が偉いと言っている訳ではないので念のため。
 
新人コンサルタントが入社時に叩き込まれる「問題解決」基礎講座

新人コンサルタントが入社時に叩き込まれる「問題解決」基礎講座